エコキュートって色々なタイプがあるのね

オール電化住宅には欠かすことのできない主役のような存在であるエコキュート。このエコキュート、省エネ機能をもった電気で動く給湯器だということまでは理解していましたけれど、エコキュートにもそれを使用する人や生活スタイルに合わせて適したものがいくつかあるというのは知りませんでした。やっぱりお湯の使い方については十人十色ですから、それに合わせるためにエコキュートって色々なタイプがあるのね。

太陽光発電 電気代

そんなエコキュートの種類にはどれだけ自動化ができるかということや、給湯タンクの貯蓄量の大小などの分類で分けられます。特に自動化の面では、フルオート、オート、給湯専用と大まかに三つに分けられます。フルオートではお風呂のお湯はりを自動で行うところから、自動で湯船のお湯を保温してくれたり、追い炊き機能がついているなど至れり尽くせりな機能であります。オートについてはフルオートからは多少劣るものの、自動湯沸かし機能がついていますから、フルオートと同じようにお湯はりを自動で行ってくれます。

【省エネ塾】 - 温室効果ガス

ただ、このフルオートとオートの場合、家を建てた後からの設置となると大がかりな工事がひつようになりますので、家を建てる時に設置しておくことが良いかもしれません。その点、エコキュートを後付けする場合に適しているのが給湯機能のみをもつエコキュートで、この場合設置が簡単でそれほど初期費用がかかることもありません。

ABBの太陽光発電向け大容量パワーコンディショナ PVS800に1000 キロワットが登場

このようにエコキュートと一言で言ってみても、それが持っている機能というのは様々であるみたいですね。どれを選ぶかは自分の住宅事情や設置時に費やすことができる資金によりますが、やっぱり設置するならフルオートがいいと思いますよね。